糖尿病と判断するために調べる数値が存在します

数値を見る

血糖値だけでは糖尿病かどうかは判断できません。

糖尿病の人にとって気になるのが血糖値の数字ですが、実は血糖値だけでは糖尿病かどうかは判断できません。それは血糖値という数値が一時的なもので、その時だけ数値が低いからといって糖尿病でないとは言い切れないからです。そこで糖尿病の可能性があるかどうかは、ヘモグロビンa1cの数値で判断されます。ヘモグロビンa1cとは別名糖化ヘモグロビンと呼ばれるもので、この数値は比較的変動しにくいことから過去1ケ月から2ケ月の血糖値の指標とされています。ちなみにインプラント治療を行う際には感染症の恐れがあることから、合併症の危険性のある糖尿病の人は治療が受けられないことになっています。そこで糖尿病の人のインプラント治療が行われるかどうかを判断するには、血糖値ではなくヘモグロビンa1cの数値により判断されることになります。従って糖尿病の人が正確に治療の成果を把握する必要がある場合は、血糖値を見るよりもヘモグロビンa1cの数値を見るほうがより確実であると言えます。

血糖値とヘモグロビンa1cの比較について。

しかしだからと言って血糖値の数値が重要でないかと言えば、決してそうではありません。血糖値の検査はその時の食事内容や生活習慣を反映するものですので、やはり参考にする必要があります。今のところヘモグロビンa1cが低くても血糖値が急に上がっている場合は、糖質コントロールができていなかったり運動不足などの生活習慣が改善されていない可能性があります。自分の最近の健康状態を知るためには血糖値も参考することが大切です。つまり長期的な治療成果の目標はヘモグロビンa1cの数値を、短期的な治療成果の目標は血糖値の数値を判断材料にすることができるのです。ちなみにヘモグロビンa1cの正常値は6.0未満、合併症を予防するための目標値は7.0未満とされています。現在では医療機関でも糖尿病が改善したかどうかは、ヘモグロビンa1cの数値が確実に6.0未満になったかどうかによって判断されています。

コンテンツ

痩せやすいお茶の活用

痩せやすいお茶とは燃焼しやすく消化も良いお茶のことで、様々な種類が存在します。お茶を飲むことで簡単にダイエットが可能なので、多くの方が利用しています。多くの量を飲む必要はなく、適度に飲むのがベストです。

詳細を読む

ピックアップ

グルコサミンの成分

グルコサミンとは甲殻類などに多く含まれている成分で、軟骨の生成を促してくれます。磨り減った軟骨を再生することも可能で、多くの方が利用しています。摂取することで膝の痛みからも開放されます。

詳細を読む

神経の興奮の障害

何か興奮した後というのは中々正常な状態に体を持っていくのは難しいです。寝付きも悪くなり、不眠症の原因としても神経の高ぶりは大きな影響を与えてしまいます。まずは興奮を抑え、リラックスするのが大切です。

詳細を読む

ピックアップ

状態を整える為に

目を酷使している人は、疲れ目で悩んでいるでしょう。そういった時は、目に良い成分を摂取できるようにブルーベリーなどのサプリメントを飲むようにしてみて下さい。そうすれば、辛い症状を予防改善できます。

詳細を読む