HOME>コラム>最新の医療技術を知ろう【免疫細胞治療はガン治療に使われる】

最新の医療技術を知ろう【免疫細胞治療はガン治療に使われる】

カウンセリグ

ガンは治らない病気ではなくなっています

現在、日本人では2人に1人の割合で、一生の間に何らかのガンにかかるといわれています。ガンと言えば、かつては不治の病として恐れられてきました。実際にしばらく前までは、ガンにかかった多くの人が、非常に高い確率で命を落としていました。しかし、近年のガンそのものや治療に関する研究、また、早期発見・早期治療への取り組みは、ガンを取り巻く状況に大きな変化をもたらしました。今日では、ガンは決して治らない病気ではなくなりつつあります。ガンの主な治療方法としては、手術、抗がん剤の使用、放射線治療が挙げられます。ただ、ガンの種類や進行状況によっては、これら従来の治療に困難を伴う場合があるのも事実です。その状況を克服するため、現在も新たな治療法の研究が進められています。そのような中で、新たな治療法のひとつとして注目されているのが、免疫細胞治療です。

ハートと救急車

体の免疫を利用する治療法

免疫細胞治療は、私たちの体内に備えられている免疫を利用する、これまでとはまったくアプローチの異なるガン治療の方法です。免疫とは、ウィルスや細菌などの異物から私たちの身体を守る機能のことです。この免疫には、ガン細胞を排除する働きもあることがわかっています。私たちの体内では、常に免疫がガン細胞を攻撃しているのです。ところが、この機能で重要な役割を果たす免疫細胞の力が、何らかの原因により弱まったり、活動が抑制されてしまったりしてしまう場合があります。すると、ガン細胞などの異物を十分に取り除くことができず、病気になったり悪化させたりしてしまうのです。免疫細胞治療は、免疫の持つ本来の能力を回復・向上させることによって、ガンを治療する方法です。具体的には、患者の血液から取り出した免疫細胞を、体外で培養・増強して体内に戻します。身体の特定の部分だけではなく、全身に働きかけるこの治療には、ガンの部位を選ばない効果が期待できます。また、患者自身の免疫を利用するために副作用の心配は少なく、長期間効果が持続することも特徴です。これから研究が進むにつれて、免疫細胞治療の可能性はますます高まっていくに違いありません。

Categories