HOME>Review>髄膜種の症状を知って早めに対策をすることが大事

髄膜種の症状を知って早めに対策をすることが大事

ドクター

疲れた時の症状が実は髄膜腫の症状だったというようなことは珍しくありません。そんな髄膜腫は病院で詳しい検査をしないとわからないのですが、気付くのが遅くなると大変なのでどうするべきか口コミを参考に確認しましょう。

口コミ一覧

髄膜種の症状が出たので即病院へ

体調が悪くても普段なら無理をしてでも仕事に行っていたのですが、知人に大病を患った人もいたので、体に異変を感じたら病院に行くようにしなければと考えが変わりました。今までは何ともなかったのですが、意識が遠のくなどの症状があらわれたので、即病院に行ってみる事にしたのですが、その判断は間違っていなかったようです。検査をしてみると髄膜腫だと診断されたのですが、もしかすると今までにもいろんな症状が体に表れていたのかもしれません。知人が大病になるまでは病気に関心がありませんでしたので、少し体調が悪いだけだろうと、自分の体と向き合っていなかったのかもしれないからです。髄膜腫と診断されてからはもっと自分の体に向き合って大事にしなければと考えています。
【20代/女性】

いろんな所に発症するようです

体に異変を感じ始めたものの、忙しさにかまけて病院に行っていなかったのですが、たまたま休みが取れたので前から気になっていた症状をみてもらうために病院に行きました。CTやMRIなど様々な検査を受けてみると、髄膜腫という病気にかかっているという事でした。主には良性腫瘍であることが多いようですが、いろんなところに発症するようで、それによってあらわれる症状も変わってくるみたいです。脳の病気だという事がわかり、なぜもっと早く病院に行かなかったのだろうと自分を責めましたが、子供達の為にも頑張らなくてはなりません。病気だとわかったからには、会社を休んで治療をしていかなくてはなりませんが、早期復帰できるように医師にお願いして治療をしていきます。
【40代/男性】

Categories